読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

外資系のコンサルティング会社「マッキンゼー」で、コンサルタントと人材採用をしていた伊賀さんの本。

少し前に読んだ「ちきりん」の本と同じ「生産性」がテーマ。

伊賀さんの前著「採用基準」を読んだのは育休中でした。
すごい内容に引き込まれて興奮しながら、あっという間に読んで、「わたしもマッキンゼーで働きたかったなあ」と思ったものでした。

マッキンゼーで働くことはなかったけど、前著を読んでから、わたしは「リーダーシップ」についての考えを改めたようで、(前著はリーダーシップについての考え方が書いてあった)仕事のあらゆる面で、リーダーシップについて意識するように、スタンスが変わっていた気がします。

この「生産性」という本も、読めば必ず仕事へのスタンスが変わる本だと感じました。

多くの日本のビジネスマンにぜひ読んで欲しいなあ。