読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせない離婚―――「この結婚もうムリ」と思ったら読む本

結婚している人なら、一度は「離婚」の二文字が頭をよぎることがあると思います。

 

私も産後、夫とよく喧嘩したり、

私に偏りがちな育児の負担でイライラして、情緒不安定になることがよくありました。

そういうときに、私には頼れる実家がなかったので

離婚したら、一人でたくましく生きていかなきゃいけないと思うと

離婚なんてしないほうがいいよな、とよく自分の突っ走りがちな性格をストップさせていました。

 

書店でたまたま手に取ったこの本は、著者が多くの離婚相談にのってきた経験から出る、優しさの感じられる文章に惹かれて、立ち読みでは我慢できずに購入しました。

 

この本を読んで気が付いたのは、「子どもがいたら、離婚しても、子どもの父親とは一生、協力しあって生きていかなければいけない」ということでした。離婚してもしなくても、育児に置いて二人が協力しなければならないのは、変わらないことなんだな、というのがよく理解できました。

 

それからは、夫をなるべく嫌いにならないように、自分の感情に意識を置くように、私も変わったのでした。

 

子どもがもう4歳を過ぎると、随分産後の情緒不安定な感じもなくなり、また、何ども夫と衝突するたびに、お互い少しずつ成長したようで、小さくはありますが、一歩一歩、結婚生活を積み重ねていけているように、今では感じることができるようになりました。

 

夫婦関係でモヤモヤしている方、ぜひ読んでみてください。