人生、楽に稼ぎたいなら不動産屋が一番!

amazonべストセラーランキングで上位にあったので、うっかり購入。不動産好き、宅建も去年勉強してた(でも途中で挫折して受験せず)身としては、どうしても読んでみたかった本でした。

著者は、地方都市で不動産業を営んでいる50代の男性。

この本からは、著者の不動産業に対する愛情がすごく伝わってくるのでした。

なので、本を読んだ私の結論としては「不動産屋は、誰でもが楽に稼げるというわけではなくて、結局は、好きじゃないと稼げないだろう」というものでした。

宅建択一試験のみで面接もないので、受かりやすいとはいえるけれども、覚えなければいけない知識の量はかなりあるので、簡単な資格とは言えないし、資格をとったあとも、扱う商品(不動産)の金額がかなり高いので、いい加減に仕事をすすめていては、顧客の信頼を失うだろう、というのはどんなビジネスでも同じだと思う。

それでも、私はこの著者同様、不動産が好き、ということが再認識できたので、いつか取得してみたい資格であることは変わらないと思った。おすすめの参考書の紹介もあったので、次はそれを使って勉強してみたい。(前回はu-canで勉強したけど挫折したのでした)