■このブログの使い方

あなたが抱えているお悩みをカテゴリーから選んでください。

そのお悩みに効きそうな「本」をいくつか紹介しています。

読めば、あなたのお悩み解決のヒントにきっとなるはずです。

 

 

■お悩みカテゴリーはこちら

【マイナスのお悩み】

イライラする

育児に自信がない

人間関係がうまくいかない

夫婦関係がうまくいかない

お金の貯め方、使い方がわからない。お金がない

病気を抱えていてツライ、苦しい

 

【前向きなお悩み】

自分の想いを上手に人に伝えたい

世の中のことをもっと知りたい

仕事力をあげたい

インテリアセンスをアップしたい

体重を減らしたい

断捨離したい

少し詳しい自己紹介

ブックセラピストhisaeの少し詳しい自己紹介です。

 

1982年大阪生まれ。

子ども時代はとくに本好きというわけでもなく、どちらかというと感性で生きてきた私でしたが、自分が進学したい大学の良さを親にうまくプレゼンテーションできなくて、希望の進路を諦めたところから、自分の言語スキルを磨かなきゃ!と一念発起。

そこからは、それまでの遅れを取り戻すかのように、必死で本を読む毎日でした。

 

大学を卒業し、通信販売の会社に就職してからも、仕事に躓いては書店に行き本を買い求め、読み漁り、上手に生きるためのヒントはないものか、と試行錯誤の毎日でしたが、その頃はまだ、手当り次第、ただ自分のために本を読んでいるだけでした。

そんな生活を続けていたら、自宅の部屋が本だらけになってしまい、30歳になる直前、結婚するタイミングで本を大量に処分。それをきっかけに、自分は何のために本を読んでいるのか?と突き詰めて考えるようになり、行きついたのが「物事を考えるきっかけが欲しいから本を読んでいるのだ」ということ。それからは読む本もだんだんと厳選されるようになったり、図書館を上手に利用するなど、本との付き合い方も変わっていきました。

 

本との付き合い方は変わる一方、変わらないのは本への愛情。

本が好きすぎるので、いつか書店を開きたいなあなんて思いながらも、利益率の低い本を扱う店は儲かりそうもないなあ笑と、夢と現実をいったりきたりしていたときに、たまたま見ていたテレビに出ていた、東京のある書店の店長さん。

その店長が本を読むスタンスは「この本はどういう人を元気づけてあげられるか?」を考えながらいつも本を読んでいるとのことでした。

 

私もいつか書店を開くなら、人を本で元気づけてあげられるような書店にしたいなあ、と自分がいつか開く予定の書店のコンセプトが、急に決まりました。

 

それ以来、私も東京のある書店の店長さんのようなスタンスで本を読むようになり、素晴らしい本に出会ったときは、気に入ってくれそうな友人に貸したり、紹介したりすることにしたら、これがとても楽しかった。

このコンセプトは間違ってなかったなあ、と改めて思うのでした。

 

まだ書店は開けていませんが、いつか書店を開く夢を持ちつつ、

今はブログを通して、素晴らしい本を紹介していきたいと思っています。

 

 

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレとプロテインでこの世の 9 9 %の問題は解決します 。本当です 。
前書きに書いてあった文章。
本当に?と思いながら、読み進めているとどんどん洗脳されていく私(笑)
テストステロンというホルモンは、2 0歳をピ ークに下降する 。 値が高いと自信 、闘争心 、野心に満ちあふれる 。値が低いと自尊心が薄れる 、やる気が出ない 、性欲低下 、体脂肪率の増加等の症状が現れる 。
値を高めるには筋トレが 1番であり 、故に筋トレはビジネスマンにとって必須である 。筋トレしとけば色々なんとかなる。とのこと。
どうりで若いうちは、なんでもやれちゃう変な自信に満ち溢れていたなあ、と納得。
私に足りないのは筋トレでした。
そのほかにも、役に立つ内容がたくさん。
「あれ ?俺 /私メンがヘラってる ? 」って思ったら試すべき行動 ① 8時間睡眠の確保 ②週 3日の運動 (筋トレが至高 ) ③朝起きたら太陽の光を 1 0分は浴びる ④ 3食しっかり食べる ⑤誰でも良いので悩みを話す (僕はよくダンベルに話し掛けてる )効果はすべて科学的に証明されています←これ、大事!
巷にあふれるダイエット方法。
①リバウンドしない (あり得ません ) ②運動不要 (健康的に痩せるには断固必要 ) ③いくら食べても O K (何も O Kじゃない ) ④部分痩せ可能 (ほぼ不可能 ) ⑤楽に痩せられる (終わると楽に太る ) ⑥サプリを摂取するだけ (夢物語 ) などなど、、運動なくして、痩せるなんてありえないのは当たり前の話。
そのほか、メンタル的な内容も。
不平を言うヒマがあったら勝ち方を考えよう!世の中が平等じゃない事なんて分かりきった事だ 。社会や生まれた環境のせいにして文句垂れるか不平等な事を飲み込んだ上でどう勝ち上がるか考えるかは君次第だ 。悲しいかなこの世に生を享けた時点で強制的に全額 b e tさせられてる状態だ 。配られたカ ードに文句言っても仕方ないんだから勝ち方考えろ 。
努力が習慣になった時 、飛躍が見えてくる。ある分野でトップレベルの人に 「こんなに努力されて凄いですね 」と言うと大抵 「努力しているつもりはないですよ 」と返ってくる 。謙遜ではない 。努力しているという意識がないのだ 。努力は昇華すると習慣になる 。習慣になって初めて真価を発揮する 。自分は頑張っていると思ってる内はまだまだ甘い証拠。
など。
めちゃ素晴らしい本だった!
おすすめの筋トレ方法は、初心者の場合、ジムに行き、パーソナルトレーナーをつけて、効率的な筋トレ方法を教わることだそう。
ただ、いまの私のライフスタイルだとジムに通いにくいので、なんとか自宅でできないかなあ。
昨日は自己流でスクワット(たった10回)したけど、続けられる自信なし。
同じ著者の筋トレ本を買おうか悩んでいます。

もっと元気よく明るく生きたい!と思う、すべての人におすすめしたい本。

科学的に元気になる方法集めました

 

 「科学的根拠」のある説だけが載った、元気になる方法を紹介した本だそう。

元気になるためにやるべきことを、世界中の論文を背景に根拠を示しつつ、優しく解説してくれます。

気になったものをいくつか抜粋。

 

"背筋をピン!と伸ばして堂々と歩くと気持ちが積極的になり、さらにストレスホルモンが減少する───ハーバード大学カディらの研究"

 

社会的な 「意義 」よりも個人の 「好き 」のほうが動機付けとしては強力 ─ ─ ─エ ール大学レゼスニエウスキ ーらの研究

 

やけ酒をすると 、イヤな記憶 、イヤな気持ちがより強く定着してしまう ─ ─ ─東京大学大学院野村と松木の研究

 

心のざわつきやモヤモヤは 、 「不安の原因 」を特定し「やるべきこと」を明確にすることでおさまるーーーヒューストン大学ラッドらの研究

 

指圧マッサージで、ドーパミンセロトニンが分泌されるーーーマイアミ大学フィールドらの研究

 

などなど

 

科学的に「お墨付き」だから
どれも今日から始めて習慣にしたいことばかり。

そして、マッサージに通ってしまうのも、納得だなあ、、。

デスクワークが主で、頭デッカチになりがちな私たちに必読の本だと思いました。

日本成長戦略 40歳定年制 経済と雇用の心配がなくなる日

「40歳定年制」とはなかなかセンセーショナルなタイトル!ですが、超高齢社会においては、75歳まで働くのが普通になるから、20歳過ぎまでに学んだことを生かして、ずっと同じ職場で働き続けるのはちょっと無理があり、40歳くらいで一度キャリアを見直し、学び直すなどして、より長く働けるようにしましょう、というアイデアだそう。


非常に賛同。

 

今よりももっと多様な働き方があれば、社会の息苦しさも減りそう。

 

個人的には、大学進学時に本来学びたかった分野を親に諦めさせられたことがずっと引っかかっているので、40歳を前に退職して、専門学校に入り直したいと思っている。40歳定年制を実行!

女は覚悟を決めなさい

脳科学の専門家の著者が指南する「脳科学が導く女性の生き方」の本。
女性の人生って、仕事に生きるのか、子育てに生きるのか、そのほか色々「覚悟」決めないと、あっという間に何にもできないまま人生が終わるよなーと思っていたところに、この本のタイトルに「ぴっ!」と来たのでした。


「へえ」となった箇所は
女性脳は、右脳と左脳の連係がとてもいい。一方、男性脳は、右脳と左脳の連係が緩慢である。右左脳の連係が緩慢だと、奥行き認識(ものの距離感の把握)が得意になるという話。
うちの夫婦の場合、わたしが奥行き認識得意だけど、夫はまるでダメ。逆やん!
わたしの脳がそもそも、女性らしさが低いのかも、と思うとそれは思い当たる節がたくさんある。納得!

 

あと、女性脳には、座禅や禅問答は効かない、無我の境地を作ろうと思ったら、写経のように手ですることことがあるほうが望ましいと。
これも納得! 料理したりピアノ弾いてると、頭がスッキリする実感ある。

 

子育てについても気になる記述が。
「女子は自我が日々増大し、思春期には大ごとになる。そんな女子に重要なのは、世の中、そんなにあなたのこと見ちゃいない、と知らせてあげること」だそう。逆にダメなのが世間の目を気にしすぎる母親。失敗してもめげない姿を見せてあげるのが親の務めだとか。うーん、これ、うちの母に関していえば、周りの目気にし過ぎのダメダメなパターン。
自分も似たところがあるので、気をつけたいなあと思った次第です。