読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■このブログの使い方

あなたが抱えているお悩みをカテゴリーから選んでください。

そのお悩みに効きそうな「本」をいくつか紹介しています。

読めば、あなたのお悩み解決のヒントにきっとなるはずです。

 

 

■お悩みカテゴリーはこちら

【マイナスのお悩み】

イライラする

育児に自信がない

人間関係がうまくいかない

夫婦関係がうまくいかない

お金の貯め方、使い方がわからない。お金がない

病気を抱えていてツライ、苦しい

 

【前向きなお悩み】

自分の想いを上手に人に伝えたい

世の中のことをもっと知りたい

仕事力をあげたい

インテリアセンスをアップしたい

体重を減らしたい

断捨離したい

少し詳しい自己紹介

ブックセラピストhisaeの少し詳しい自己紹介です。

 

1982年大阪生まれ。

子ども時代はとくに本好きというわけでもなく、どちらかというと感性で生きてきた私でしたが、自分が進学したい大学の良さを親にうまくプレゼンテーションできなくて、希望の進路を諦めたところから、自分の言語スキルを磨かなきゃ!と一念発起。

そこからは、それまでの遅れを取り戻すかのように、必死で本を読む毎日でした。

 

大学を卒業し、通信販売の会社に就職してからも、仕事に躓いては書店に行き本を買い求め、読み漁り、上手に生きるためのヒントはないものか、と試行錯誤の毎日でしたが、その頃はまだ、手当り次第、ただ自分のために本を読んでいるだけでした。

そんな生活を続けていたら、自宅の部屋が本だらけになってしまい、30歳になる直前、結婚するタイミングで本を大量に処分。それをきっかけに、自分は何のために本を読んでいるのか?と突き詰めて考えるようになり、行きついたのが「物事を考えるきっかけが欲しいから本を読んでいるのだ」ということ。それからは読む本もだんだんと厳選されるようになったり、図書館を上手に利用するなど、本との付き合い方も変わっていきました。

 

本との付き合い方は変わる一方、変わらないのは本への愛情。

本が好きすぎるので、いつか書店を開きたいなあなんて思いながらも、利益率の低い本を扱う店は儲かりそうもないなあ笑と、夢と現実をいったりきたりしていたときに、たまたま見ていたテレビに出ていた、東京のある書店の店長さん。

その店長が本を読むスタンスは「この本はどういう人を元気づけてあげられるか?」を考えながらいつも本を読んでいるとのことでした。

 

私もいつか書店を開くなら、人を本で元気づけてあげられるような書店にしたいなあ、と自分がいつか開く予定の書店のコンセプトが、急に決まりました。

 

それ以来、私も東京のある書店の店長さんのようなスタンスで本を読むようになり、素晴らしい本に出会ったときは、気に入ってくれそうな友人に貸したり、紹介したりすることにしたら、これがとても楽しかった。

このコンセプトは間違ってなかったなあ、と改めて思うのでした。

 

まだ書店は開けていませんが、いつか書店を開く夢を持ちつつ、

今はブログを通して、素晴らしい本を紹介していきたいと思っています。

 

 

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません

宇津木式スキンケア。石けんとワセリンしか使わないスキンケアなんて、ありえるの!?と、気になって買ってみました。

この頃、真面目にスキンケアしてるのに、おでこがカサカサで困っていました。

 

しばらく試してみて、イイカンジだったら、化粧品やメイクアップの道具はすべて捨てちゃおうかなって、思います。

帰ってから作れるおかず 200

本当に「帰ってから作れ」て、「おいしい」レシピしか載っていないので、私はこの本のおかげで料理が苦痛じゃなくなりました。

 

この頃の私の料理といえば、

■この本を参考に「おいしそう」「作りたい」レシピから、いくつかピックアップ

■ピックアップしたレシピに登場する食材を週1のお買いものでまとめ買い

■肉や魚は買ってきてすぐ冷凍

■ピックアップしたレシピから、次の日に作るものを選ぶ(レシピがだいたい2人分なので、3人家族の我が家は、2レシピ選ぶことが多い)

■冷凍してあった、肉や魚で必要なものを前日の夜に冷蔵室に移動させる

■次の日、帰宅したら子どもにテレビを見せている間に料理

という流れに。

 

作り置きが流行っているので、私も一時は取り入れていましたが、割とすぐ飽きてしまったけど、このレシピ本を使った料理は自分に合っていたようで、まだまだ続けられそう。200レシピ、全部作るのがとりあえずの目標。

 

ちなみに「帰ってから作れる」レシピとは

■ふたして煮るだけ

■肉を焼くだけ

■チンして焼くだけ

■フライパンひとつ

■素材3つまで

■15分以内

■ワンプレート

■調理器具を上手に使う

と、工夫が盛りだくさん。この本をつくった人はスゴイ!

値段も750円と破格。こんなに使えるレシピ本はほかにないと思います。

 

育児や仕事に追われて、料理のモチベーションが下がっている人、料理なんて好きでもないのに家族のために仕方なくしている人に、ぜひオススメします。

 

 

3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計をラクにする方法

主婦歴20年、3人の子供を育てつつ、仕事もしている尾崎友吏子さんが、効率よく家事をこなしつつ、子どもにもゆとりを持って接することができるほど、快適に暮らす方法を模索し確立するまでを、詳細に記した本。

 

著者の尾崎さんという人には「スゴイ」の一言に尽きます。お子さんを3人も育てる忙しい日々の中でも、諦めずに試行錯誤を積み重ねて、最高に効率よく、家事を回す方法を確立する、その姿勢。

 

快適に暮らすには、自分にとって何が快適で何が不快なのか、何が必要で何が不必要なのか、いつもいつも自分に問い聞かせて、その感覚を研ぎ澄ますことが何より大事なんだな、と気付かされます。

 

私も、主婦歴丸6年で、少しずつ、効率よく家事ができるようにはなってきた気がしますが、この本を読んで、自分の家事のまだまだ非効率なところが炙り出されたので、主婦歴20年の50歳までに、もっともっとブラッシュアップしていきたい!と、火が付きました。

 

また、尾崎さんの経歴にも惹かれます。私もいつか、2級建築士を取りたい、中古マンションをリノベーションしたいな、って改めて思いました。

万寿子さんの庭

 20歳の主人公・京子と78歳の万寿子さんというおばあさんが半世紀の年齢差を超えて「友達」になる様子を描いた小説。

初対面なのに「斜視」である京子にいきなり「寄り目」だ「ブス」だの、ズケズケ言ってしまう、チョット風変わりな万寿子さん。

いろんな嫌がらせを受けて、怒り心頭の京子だったが、この「普通じゃない」万寿子さんとのやりとりを通じて、意外にも2人は友達になっていく、、というあらすじ。
大人になれば、持病とか、見た目の話とか、勤務先企業名とか、出身大学とか、誰かの「コンプレックス」に繋がるようなことは、普通、話題にしなくなる気がします。
でも、万寿子さんと京子のやりとりや、京子とほかの登場人物とのやりとりを読んで、そういう気遣いが人の心に壁を作ってしまうんだな、と気づかせてくれる本でした。
ここ1年くらいで、ようやく自分のことを素直に人に話せるようになってきたような気がする私。引き続き、自分の心に嘘をつかずに生きていきたいな、と思ったのでした。

京子の母親は白血病で私と同じ病気で、京子が子ども時代に亡くなるという設定。更に、主人公も斜視という悩みを抱えている。病気を抱えた家族がいる世界はどういう世界なのか、フィクションだけど、読んでいるとリアルに想像ができる。病気を抱えていきているのは、私だけじゃない、と勇気が出てくる。

いわたさんが私に伝えたいことがなんとなく、わかってきたような気がする。