■このブログについて

あなたが抱えている問題や悩みを解決する「本」を紹介するブログです。

あなたが抱えている問題や悩みに近いものをカテゴリーから選んでください。

そのお悩みに効きそうな「本」をいくつか紹介しています。

読めば、あなたのお悩み解決のヒントにきっとなるはずです。

 

 

■お悩みカテゴリーはこちら

【マイナスのお悩み】

イライラする

育児に自信がない

人間関係がうまくいかない

夫婦関係がうまくいかない

お金の貯め方、使い方がわからない。お金がない

病気を抱えていてツライ、苦しい

 

【前向きなお悩み】

自分の想いを上手に人に伝えたい

世の中のことをもっと知りたい

仕事力をあげたい

インテリアセンスをアップしたい

体重を減らしたい

断捨離したい

少し詳しい自己紹介

ブックハンターhisaeの少し詳しい自己紹介です。

 

1982年大阪生まれ。

子ども時代はとくに本好きというわけでもなく、どちらかというと感性で生きてきた私でしたが、自分が進学したい大学の良さを親にうまくプレゼンテーションできなくて、希望の進路を諦めたところから、自分の言語スキルを磨かなきゃ!と一念発起。

そこからは、それまでの遅れを取り戻すかのように、必死で本を読む毎日でした。

 

大学を卒業し、通信販売の会社に就職してからも、仕事に躓いては書店に行き本を買い求め、読み漁り、上手に生きるためのヒントはないものか、と試行錯誤の毎日でしたが、その頃はまだ、手当り次第、ただ自分のために本を読んでいるだけでした。

そんな生活を続けていたら、自宅の部屋が本だらけになってしまい、30歳になる直前、結婚するタイミングで本を大量に処分。それをきっかけに、自分は何のために本を読んでいるのか?と突き詰めて考えるようになり、行きついたのが「物事を考えるきっかけが欲しいから本を読んでいるのだ」ということ。それからは読む本もだんだんと厳選されるようになったり、図書館を上手に利用するなど、本との付き合い方も変わっていきました。

 

本との付き合い方は変わる一方、変わらないのは本への愛情。

本が好きすぎるので、いつか書店を開きたいなあなんて思いながらも、利益率の低い本を扱う店は儲かりそうもないなあ笑と、夢と現実をいったりきたりしていたときに、たまたま見ていたテレビに出ていた、東京のある書店の店長さん。

その店長が本を読むスタンスは「この本はどういう人を元気づけてあげられるか?」を考えながらいつも本を読んでいるとのことでした。

 

私もいつか書店を開くなら、人を本で元気づけてあげられるような書店にしたいなあ、と自分がいつか開く予定の書店のコンセプトが、急に決まりました。

 

それ以来、私も東京のある書店の店長さんのようなスタンスで本を読むようになり、素晴らしい本に出会ったときは、気に入ってくれそうな友人に貸したり、紹介したりすることにしたら、これがとても楽しかった。

このコンセプトは間違ってなかったなあ、と改めて思うのでした。

 

まだ書店は開けていませんが、いつか書店を開く夢を持ちつつ、

今はブログを通して、素晴らしい本を紹介していきたいと思っています。

 

 

自分を磨く働き方

ワイキューブという人材系の企業の元社長である安田佳生さんの仕事観についてかかれた本。

この頃、読む本読む本、同じことが書いてある気がする。

旧来の雇い雇われる関係の企業はじきになくなる。
プロジェクトごとにメンバーが協力しあって、目的が達成されたら解散。
いい人のところにいい人が集まって、助け合って仕事も分け合うようになるから、性格の悪い人は淘汰される。
相対的にお金の価値が下がる。
などなど。

サイボウズの青野さんや、キングコング西野さん、安田さんも、口を揃えて同じようなことを言ってるのです。

安田さんは、以前に社長を務めていたワイキューブという企業で、
社長の自分だけ高給なのが申し訳なくて、社員の給料を倍増したり、オフィス環境を整えたりしてるうちに、リーマンショックがやってきて、あっという間に倒産の危機を迎えてしまったそう。
その時もっとも辛かったのが「従業員に給与が支払えないから、資金集めに走ったり、従業員が次々と辞めていったこと」だったそう。
そこから、人を雇うことの難しさや限界を感じ、どうすればみんなが楽しく働けるのか考えるようになったという。

そのどうすれば、みんなが楽しく働けるかの実験をする会社を作って今は実験中だけど、スタッフのほとんどが自分も含めて「業務委託」だそう。正社員は2名だけだけど、その二人は毎日同じ場所同じ時間働くのが好きな二人だから、楽しく働けているとか。

21世紀のスタンダードは間違いなく、業務委託やプロジェクト的組織になっていくんだろうな。

本日晴天 お片づけ

伊藤まさこさんの今のお住まいのことが知れる本ということで、購入。

キッチンも寝室もバスルームも玄関も、どこもうっとりするセンスの良さ、、、!

いつかリフォームとかするときに参考にしたいな。

この本の中に「忙しいときこそ、掃除している」と書いてあり、忙しいときに部屋が散らかってると余計に頭も散らかって部屋が不潔だとイライラするよなあ、と妙に納得。

週末には、だいたいぐちゃぐちゃになる、我が家のリビングとキッチンカウンター。子供が食べこぼすから食事のたびに汚れるダイニングテーブルの上と下。見て見ぬ振りしてるホコリ。どれも嫌気がさしてたけど、少しずつでもきれいにしようと今朝奮起、ちょこちょこ掃除してたら、案外すぐきれいになるではないか。

娘も6歳で掃除の邪魔をあんまりされなくなったせいもあるかもだけど、清潔な部屋はやっぱり気持ちいいなあ。

なので、伊藤さん家に惹かれるのは、ただセンスがいいだけじゃなくて、きちんと整理整頓されて掃除の行き届いた清潔な空間だからなのかも。

少しずつでも近づいていきたいものです。

会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。

大ファンの青野さんの著書ということで、ずっと気になってた本。

なかなかの挑戦的なタイトル。
内容もかなりシビアなことが書かれており、
色々と考えさせらてしまった。

1番感銘を受けたのは
会社なんてものは長く続く必要はなくて、創業者が考えた理念のもとに仲間が集まって、その理念が達成されたら、解散すればよいという話。

大事なのは理念を成し遂げることなのに
会社を続けることが目的になるから、
みんな我慢しなくてはならなくなるという。

なので、これからは
理念のもとに気軽に集まって、
気軽に解散する会社が増えていくだろう、というお話でした。

確かにそういう未来のほうが、肩の力が抜けて楽しそうだし、何より何のために働いてるのか?みたいな疑問を抱かずに済めばストレスもたまらないだろうな。

 

自分の心に照らして考えてみると

私が抱えているストレスの大半は、やっぱり「会社というモンスター」のせいだと言えそう。

21世紀の終わりには、そのモンスターの威力が弱まっていくだろうけど

なかなか時間もかかりそうだなあ。

モンスターに頼らず、自分の足で生きていけるように、なりたいものです。

いつも青野さんの考え方には共感してしまうけれど、今回もあっぱれでした。

結婚相手は抽選で

ニュータウンは黄昏て」が面白かったので、同じ著者の本を続けて読む。

この本はなかなか衝撃的なタイトル。25歳から35歳の独身者は国があてがった人と強制的にお見合いして、2回断ると自動的にテロ撲滅隊に入隊しなければならない、というルールで国を挙げての結婚プロジェクトがスタート!というところから物語が始まる。

強制的な制度を前に、あぶり出されるいろんな事柄が面白い。

登場人物の女性の多くは、母親からいろんな意味でいい年しても「縛られている」。私も元「縛られてた」からよくわかる。母親との関係性って生まれたときから始まってて当たり前すぎるので、その関係性に問題があることを当事者も自覚しずらい気がする。だからこそ、人生がうまくいかない原因やなんだかイライラしてしまう原因になっていてもわからぬまま、母親と一緒に過ごしている女性は多いのではないだろうか。

登場人物の男性の多くは、女性経験がほぼなくて、メディアが伝える女性像を鵜呑みにしている。これもすごくリアル。

どちらも今の日本が抱えている小さな課題のような気がして、それをうまく表現しているこの作品がすごいな、と感じた。