■このブログの使い方

あなたが抱えているお悩みをカテゴリーから選んでください。

そのお悩みに効きそうな「本」をいくつか紹介しています。

読めば、あなたのお悩み解決のヒントにきっとなるはずです。

 

 

■お悩みカテゴリーはこちら

【マイナスのお悩み】

イライラする

育児に自信がない

人間関係がうまくいかない

夫婦関係がうまくいかない

お金の貯め方、使い方がわからない。お金がない

病気を抱えていてツライ、苦しい

 

【前向きなお悩み】

自分の想いを上手に人に伝えたい

世の中のことをもっと知りたい

仕事力をあげたい

インテリアセンスをアップしたい

体重を減らしたい

断捨離したい

少し詳しい自己紹介

ブックセラピストhisaeの少し詳しい自己紹介です。

 

1982年大阪生まれ。

子ども時代はとくに本好きというわけでもなく、どちらかというと感性で生きてきた私でしたが、自分が進学したい大学の良さを親にうまくプレゼンテーションできなくて、希望の進路を諦めたところから、自分の言語スキルを磨かなきゃ!と一念発起。

そこからは、それまでの遅れを取り戻すかのように、必死で本を読む毎日でした。

 

大学を卒業し、通信販売の会社に就職してからも、仕事に躓いては書店に行き本を買い求め、読み漁り、上手に生きるためのヒントはないものか、と試行錯誤の毎日でしたが、その頃はまだ、手当り次第、ただ自分のために本を読んでいるだけでした。

そんな生活を続けていたら、自宅の部屋が本だらけになってしまい、30歳になる直前、結婚するタイミングで本を大量に処分。それをきっかけに、自分は何のために本を読んでいるのか?と突き詰めて考えるようになり、行きついたのが「物事を考えるきっかけが欲しいから本を読んでいるのだ」ということ。それからは読む本もだんだんと厳選されるようになったり、図書館を上手に利用するなど、本との付き合い方も変わっていきました。

 

本との付き合い方は変わる一方、変わらないのは本への愛情。

本が好きすぎるので、いつか書店を開きたいなあなんて思いながらも、利益率の低い本を扱う店は儲かりそうもないなあ笑と、夢と現実をいったりきたりしていたときに、たまたま見ていたテレビに出ていた、東京のある書店の店長さん。

その店長が本を読むスタンスは「この本はどういう人を元気づけてあげられるか?」を考えながらいつも本を読んでいるとのことでした。

 

私もいつか書店を開くなら、人を本で元気づけてあげられるような書店にしたいなあ、と自分がいつか開く予定の書店のコンセプトが、急に決まりました。

 

それ以来、私も東京のある書店の店長さんのようなスタンスで本を読むようになり、素晴らしい本に出会ったときは、気に入ってくれそうな友人に貸したり、紹介したりすることにしたら、これがとても楽しかった。

このコンセプトは間違ってなかったなあ、と改めて思うのでした。

 

まだ書店は開けていませんが、いつか書店を開く夢を持ちつつ、

今はブログを通して、素晴らしい本を紹介していきたいと思っています。

 

 

ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術

人気精神科医・ゆうきゆう先生が教えてくれる、やられっぱなしにならず、ストレスがたまらなくなる「コミュニケーション能力」の高め方の本。

 

さて、ここでクイズ。

「きみってよく、カメみたいだって言われない?」

あなたは、ちょっとイラッと来る皮肉を言われました。さて、こんなとき、どうするのが一番でしょうか?

 

①「人のこと言えるんですか?」
②「ごめんさない、、、」
③「どういう意味でしょうか?」
④無言のまま、反論しない。

 

 

正解は③だそう。

言った相手は、発言した手前、それをさらに説明しなくてはならなくなります。実際に、何かを分かりやすく説明するというのは、かなり大変なこと。それだけでも、相手の気勢は削がれます。

一番、ダメなのは④無言のまま、反論しない。
言われたほうは「どういう意味だろう、、。まさか、、!?」というように、自分で考えることになり、このように自分で考えて答えを出してしまうと、ハッキリ悪口を言われるより、ずっと心に響いてしまうそう。

わたしは、④のパターンしがちだわ、、💦

自分にとって、言われたくないことを突然言われた時、人はなかなか咄嗟に言い返せないもの。
あとになって「あのとき、ああ言ってれば」とか「なんであんなにひどいこと言われたのだろう」などと、ぐるぐる考えてしまうと、さらにストレスが溜まります。
だから、やり込める必要はなくても、さらっと、後腐れなく言い返す「スキル」が大事なんだな。

モモ

改めて読んだら、やっぱり面白かった。
子供時代に一度読んだときは
時間泥棒に時間を奪われた世界って
恐ろしいな、って
思ってたはずだけど、
いま読むと、


子供を世話する時間ない
ゆっくり遊ぶ時間ない
友達に会う時間ない
、、、
という時間を奪われた大人たちの姿と自分が重なりまくり。
いったい全体、わたしは何に追われてこんなにせわしなく生きているんだろうと、ふと、きちんと考えてみたくなった。
人生を見直すのにちょうどいいかも。

「北欧、暮らしの道具店」店長のフィットする暮らし

人気のネットショップ「北欧、暮らしの道具店」の店長、佐藤友子さんの暮らし方や、大切にしている考え方などが書かれた本。
おしゃれな暮らしの指南書かと思いきや、それだけではなかった。
前書きが終わってすぐの
「chapter1」に書いてあった文書に心を掴まれる。
「家は、乗り物と同じだと思っているんです。目的地(=理想の暮らし)に到着するために乗っているもの。家自体が目的地になることはないし、家を買ったら理想の暮らしが手に入るわけでもない。自分の思い通りの空間を一からつくることには、もちろんあこがれています。でも、子どもの学校のことなど、優先順位で考えると、今のところ、乗り換えができる"乗り物"(=賃貸)のほうが、自分に"フィットする暮らし"です」
佐藤さんのこの考え方にすごく共感を覚えた。というか、わたしがこの頃感じていたことと似ていて、それでいいんだよと後押ししてもらったような感覚だろうか。
賃貸万歳!ってことじゃなくて、
子どもがいたら、自分が「おしゃれな家に住みたい」というようなことはやはり優先順位さがるのは仕方ないし、
私にとっては、家をきれいにすることの目的って、つまるところ、家族がみんな元気に会社や保育園に行けることや、自分が体調不良のときに、しっかり休むためなんだな、と思うようになった。
おしゃれなお部屋に住むインスタグラマーの方の写真を見て、憧れる気持ちは勿論あるけれど、どう頑張ってもその素敵な部屋に自分の家がならず(センスがないだけだけど)また忙しい日々にその努力をする気にもなれず苦笑、辿り着いたのが、佐藤さんがおっしゃっているような考えだったような気がする。
とはいえ、私の目からするとすごくおしゃれに暮らしている佐藤さん。色々真似させていただく予定 笑 (おしゃれに暮らしたい気持ちはやっぱり捨てきれないのです汗)

正しい家計管理

「どんぶり勘定は低収入より、恐ろしい。」

この本を読んで1年くらい経ちますが
帯に書いてあるこの言葉を今でもしょっちゅう思い出す。

普通はお金がない、となると
お金をもっと稼がなかければ、という発想になると思います。
でもそもそもお金がない理由がなぜなのか、を考えて、浪費してしまう習慣をを改めない限り、
収入が増えてもまた同じことの繰り返しになるということなのだそう。

この本を読む前の私は
それこそ「どんぶり勘定」で
何にいくらお金を使っていたのか
把握できておらず、
気が付いたら家計の口座のお金がすごく少なくなっていました。
「子どもが小さいうちは仕方ない」
「時間ができたら、きっちり管理しよう」などと自分に言い訳をして、適当に管理をしていたのです。

でも、それではいけないとこの本を読んで気持ちを改め、レシートを残して記録するという作業を始めました。
自分のおこずかいに関しては
携帯のアプリを使って出費管理をしていたら、見事に無駄遣いが減り、
またどういったことにお金を使うのと自分の心が満足するのか、ということもわかってきました。
「家計簿をつけよう!」というキャッチコピーは雑誌で見かけたりするけど、大事なのは家計簿をつけることじゃなくて「支出管理」をすることなんだ!ってすごく実感できた。

収入が低くても
出費管理がきちんとできていれば
それなりに生きていけます。

そして、30代半ばになれば
出費管理をいい加減にしていたが故に
夫に離婚を言い渡された人や
浪費する習慣を改められなくて
カードローンに手を出してしまい
利息を払ってばかりで更にお金が足りなくなる人なんかを周囲にちらちらと見かけることが増えてきました。

よい習慣は裏切らないし、
未来の自分を助けてくれる。
35年生きて、すごく大事なことに気が付いた気がします。