■このブログについて

あなたが抱えている問題や悩みを解決する「本」を紹介するブログです。

あなたが抱えている問題や悩みに近いものをカテゴリーから選んでください。

そのお悩みに効きそうな「本」をいくつか紹介しています。

読めば、あなたのお悩み解決のヒントにきっとなるはずです。

 

 

■お悩みカテゴリーはこちら

【マイナスのお悩み】

イライラする

育児に自信がない

人間関係がうまくいかない

夫婦関係がうまくいかない

お金の貯め方、使い方がわからない。お金がない

病気を抱えていてツライ、苦しい

 

【前向きなお悩み】

自分の想いを上手に人に伝えたい

世の中のことをもっと知りたい

仕事力をあげたい

インテリアセンスをアップしたい

体重を減らしたい

断捨離したい

少し詳しい自己紹介

ブックハンターhisaeの少し詳しい自己紹介です。

 

1982年大阪生まれ。

子ども時代はとくに本好きというわけでもなく、どちらかというと感性で生きてきた私でしたが、自分が進学したい大学の良さを親にうまくプレゼンテーションできなくて、希望の進路を諦めたところから、自分の言語スキルを磨かなきゃ!と一念発起。

そこからは、それまでの遅れを取り戻すかのように、必死で本を読む毎日でした。

 

大学を卒業し、通信販売の会社に就職してからも、仕事に躓いては書店に行き本を買い求め、読み漁り、上手に生きるためのヒントはないものか、と試行錯誤の毎日でしたが、その頃はまだ、手当り次第、ただ自分のために本を読んでいるだけでした。

そんな生活を続けていたら、自宅の部屋が本だらけになってしまい、30歳になる直前、結婚するタイミングで本を大量に処分。それをきっかけに、自分は何のために本を読んでいるのか?と突き詰めて考えるようになり、行きついたのが「物事を考えるきっかけが欲しいから本を読んでいるのだ」ということ。それからは読む本もだんだんと厳選されるようになったり、図書館を上手に利用するなど、本との付き合い方も変わっていきました。

 

本との付き合い方は変わる一方、変わらないのは本への愛情。

本が好きすぎるので、いつか書店を開きたいなあなんて思いながらも、利益率の低い本を扱う店は儲かりそうもないなあ笑と、夢と現実をいったりきたりしていたときに、たまたま見ていたテレビに出ていた、東京のある書店の店長さん。

その店長が本を読むスタンスは「この本はどういう人を元気づけてあげられるか?」を考えながらいつも本を読んでいるとのことでした。

 

私もいつか書店を開くなら、人を本で元気づけてあげられるような書店にしたいなあ、と自分がいつか開く予定の書店のコンセプトが、急に決まりました。

 

それ以来、私も東京のある書店の店長さんのようなスタンスで本を読むようになり、素晴らしい本に出会ったときは、気に入ってくれそうな友人に貸したり、紹介したりすることにしたら、これがとても楽しかった。

このコンセプトは間違ってなかったなあ、と改めて思うのでした。

 

まだ書店は開けていませんが、いつか書店を開く夢を持ちつつ、

今はブログを通して、素晴らしい本を紹介していきたいと思っています。

 

 

結婚相手は抽選で

ニュータウンは黄昏て」が面白かったので、同じ著者の本を続けて読む。

この本はなかなか衝撃的なタイトル。25歳から35歳の独身者は国があてがった人と強制的にお見合いして、2回断ると自動的にテロ撲滅隊に入隊しなければならない、というルールで国を挙げての結婚プロジェクトがスタート!というところから物語が始まる。

強制的な制度を前に、あぶり出されるいろんな事柄が面白い。

登場人物の女性の多くは、母親からいろんな意味でいい年しても「縛られている」。私も元「縛られてた」からよくわかる。母親との関係性って生まれたときから始まってて当たり前すぎるので、その関係性に問題があることを当事者も自覚しずらい気がする。だからこそ、人生がうまくいかない原因やなんだかイライラしてしまう原因になっていてもわからぬまま、母親と一緒に過ごしている女性は多いのではないだろうか。

登場人物の男性の多くは、女性経験がほぼなくて、メディアが伝える女性像を鵜呑みにしている。これもすごくリアル。

どちらも今の日本が抱えている小さな課題のような気がして、それをうまく表現しているこの作品がすごいな、と感じた。

美大とかに行けたら、もっといい人生だったのかな。

 

タイトルの通り、主人公(著者)が「美大とかに行けたら、もっといい人生だったのかな。」と考えてることから端を発して始まる、ちょっと変わったコミックエッセイ。

著者は幼い頃から絵が好きだったからイラストレーターになりたかったけど、美大には行かせてもらえず、
専門学校から小さなデザイン会社に就職、そこから無事に独立して夢のイラストレーターになれたのに、満たされない日々、、

後半は自分の内面の話ばかりで(映画「インサイド・ヘッド」みたいな感じで感情同士が喋ったり喧嘩したりする)
だんだんタイトルとは違う感じになっていくけど、

とにかく、自分が満たされないのは「美大を出てない」こととは関係がない、と気がつくまでが描いてある。

途中、感情がいっぱい出てきてちょっとわけわからなくなるけど、
なんとなく自分が考えてることと似てる気もして、結論を予想しながら読んだ。

私も美大に行きたかったのに行かせてもらえなくて、それは結構最近まで心の中に引っかかってて、時々思い出しては落ち込んだり、イライラしたり、美大出てる人見て、羨ましくてイライラしてたけど、美大に行けなかったことだけじゃなくて、その当時、親に自分を信じてもらえなかったことに傷ついてたのかもなー、とかだんだん考えられるようになったら、もうそのことを考えることはほとんどなくなった。

時代的にも大学出てればいい、っていう時代じゃなくなってきたしなー。

自分も世の中も変わるもんですね、って
つくづく思いました。

人生、楽に稼ぎたいなら不動産屋が一番!

amazonべストセラーランキングで上位にあったので、うっかり購入。不動産好き、宅建も去年勉強してた(でも途中で挫折して受験せず)身としては、どうしても読んでみたかった本でした。

著者は、地方都市で不動産業を営んでいる50代の男性。

この本からは、著者の不動産業に対する愛情がすごく伝わってくるのでした。

なので、本を読んだ私の結論としては「不動産屋は、誰でもが楽に稼げるというわけではなくて、結局は、好きじゃないと稼げないだろう」というものでした。

宅建択一試験のみで面接もないので、受かりやすいとはいえるけれども、覚えなければいけない知識の量はかなりあるので、簡単な資格とは言えないし、資格をとったあとも、扱う商品(不動産)の金額がかなり高いので、いい加減に仕事をすすめていては、顧客の信頼を失うだろう、というのはどんなビジネスでも同じだと思う。

それでも、私はこの著者同様、不動産が好き、ということが再認識できたので、いつか取得してみたい資格であることは変わらないと思った。おすすめの参考書の紹介もあったので、次はそれを使って勉強してみたい。(前回はu-canで勉強したけど挫折したのでした)

ニュータウンは黄昏れて

バブル崩壊前に東京郊外のマンションを5200万円で買ってしまった一家が、バブル崩壊後にその住宅ローンに苦しめられながらも、どう生きていくのか、マンションの理事会の様子や、フリーターの娘の恋愛事情なども織り交ぜて描かれた社会派の小説。

読み始めは少し暗い印象の物語だったが、中盤にいろんな救世主や救世主のような厄介人物が登場してどんどん引き込まれてあっという間に読了。

「不動産」好きで、住宅ローンの世話になっている身としては、感情移入してしまう作品でした。どういう家に住むのか、自分にとってのしあわせは何かなど、いろいろと考えさせられました。

「住宅ローンを組んでいる人」「これから家を買おうとしている人」は読んでおいて損はないと思います。